SEOを実施する前に

SEOを始める前に大切なこと

SEOは検索エンジンに対してだけの視点を持つことだということは前節のSEOとは何かを読んでいただいてわかったと思います。 まだそれを理解していただいていないのなら、もう一度読み直していただきたいと思います。

SEOはGoogle、Yahoo!、MSNなどの大手ロボット型検索エンジンを相手にします。

通常の場合は幾分かの努力が必要になります。そのためにも事前にある程度の気合が必要です。その気合がなければ、膨大な量のライバルと情報の競争に負けてしまうでしょう。SEOでは特別な精神力や体力は必要としません。必要なのはサイト運営者としての気合です。

SEOをするということ

これを読んでいるということは少なくとも「アクセスアップ」をしたいという思いはありますよね?
その為に、SEOで検索結果の上位に自分のサイトを表示させたいということですか?

しかし、SEOというのは単にアクセスアップのツールではありません。

確かに、SEOを施すことで、検索エンジンからのアクセスは増加します。しかし、サイトのコンテンツが良質で魅力的なものでなければ意味がありません。 例えば、もともとアクセスがほとんどないサイトが検索結果上位に表示され一定の『初期アクセス』があるとします。 この初期アクセスというのは初めてそのサイトを訪れる人です。それらの人たちが、つまらないサイトと感じてしまったらどうでしょうか。 もし再度同じキーワードで検索されたときにあなたのサイトをクリックするのでしょうか。

SEOを施して検索結果を最適化しても、
コンテンツが魅力的で無いということは二度とアクセスしてくれない可能性を示唆しています。

つまり、SEOだのなんだのとかいう前に、まず自分のサイトを客観的に見直す必要があるのです。

魅力的である。利用価値がある。ある程度の需要がある。話題性がある。
SEOというのは個人、団体・法人でも同じレベルでサイトの利用メリットを考える必要があるのだと思います。

さっそく準備を

これまでのことを踏まえて、SEOをする必要があると判断できたら次のステップに移りましょう。

SEOは検索結果の上位に表示されるための技術であるということは説明しました。
ではどんな「キーワード」で検索されたときの上位であるか、それを決めます。

必ず一つはキーワードを決めておきましょう。
実際は2個から3個が望ましいのですが、はじめは1個のキーワードのほうが効率的です。

重要なのは決めておくキーワードそのものにあります。
Yahoo!などの検索結果画面をみてもらえば分かりますが、「1〜10件目 / 約312,000,000件」という表示があります。 これの「何件中の」という部分が大きければ大きいほど、そのキーワードで登録されているサイト数が多いということですよね。 Yahoo!やGoogleなどはこの「登録サイト数」(以下インデックスページと言う)が多ければ多いほど上位表示の競争率が高くなる傾向があります。

ですから、あえて「競争率が高いキーワードを選ばない」という選択肢が第一にあります。

しかし、逆にインデックスページが少ないキーワードを選ぶことは逆効果です。
インデックスされているページがあまりに少ないということは『話題性がまったくない』ことを意味します。はい、まったくです。これではいくら上位に表示 されても検索する人がいないのですからSEOは無意味です。

キーワードを選ぶときは以下の点に注意します。

・SEOを実施するサイトの内容にあっているか
・話題性や需要で考えたときよく検索されるキーワードであるか
・検索数が少ないキーワードではないか

キーワードをきめたら、いよいよ実際にSEOを施していきましょう。

 


 

バックリンク G-Net Search

ヘルプ - 免責事項 - お問い合わせ
Copyright (C) 2008 G-Net Search. All Rights Reserved.